太平洋クラブ御殿場コース

2023年11月24日 晴れ 気温10度 風速12m/s グリーン10ft

コロナ発症し約2週間の闘病生活を経て陰性判定が出たのは11月22日。
その2日後となる24日に予定していたこのコース。

すっかり筋力、体力を削がれ、、、
何よりこのどうにもエネルギーが湧いてこない倦怠感がハンパない。

闘病中は
『こんなもんに俺が負けるかよ💢』

普段風邪もひかない自分が悪寒を感じ違和感を感じたのは11月10日付近の朝。
ちょうどラウンドレッスンウィーク真っ只なか❗️

このコロナ禍『スイング軌道の支点』がとても良くなってきていてあまり不安のないゴルフができていたわけですが、

そりゃもうもう10日も寝て過ごせば全てを失います。
ゴルフの面白いところってよくテレビでタレントさんが『うまくいかないところ』と評します。

身体や精神の状態が常に同じ人はいません。
うっかりするとその感覚を『失ってしまうこと』ところがいつも怖いと感じます。大体は同じようにできている感じはするのですが違った状態や感覚で練習をするとそれが元の悪癖の上塗りになってしまったりします。

今回はクラブを持たず約2週間の冬眠生活だったので歩くのもヒーコラと息切れします。

さて、話は御殿場コースに戻ります。

朝一、いつものように参加会員さんをピックして東名を御殿場へ!
鎌倉に来てからというもの静岡方面のゴルフがめっきり増えましたが道が空いていてとても助かります。

温暖化が懸念される現在ですが、、チリ一つない大気にくっきりときれいな富士山を紅葉が差し色となって鮮やかな空間となっています。

12月8日には茨城県鉾田市のザ・ロイヤルゴルフクラブなど赴きますが、そりゃ旅になりますね。

御殿場コース到着後はいつものように練習場で2コインほど練習をしてアプローチ練習場へ!
ドライバーもアイアンも全く問題ない弾道で飛んでいくが、練習場は完全アゲインストの方角なのでボールが空中で静止するほどの風の強さ!

こちらのメンバーでありプレミアムメンバーの会員さんと落ち合い、バンカーやドライバーの考え方と打ち方をひと通りレクチャーの後練習グリーンへ!

『はーやっ!!』
ラインが確定しないほど風が強く、そして早い! さすがです。

フラッと来てこんな環境で毎日でも練習したいものです。

風速12m/s どうしましょう!

スタジオのパッティンググリーンの方が少し早いかな !┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
楽しみにしていた御殿場コースなのにひじょーに嫌な予感がする(笑)

コロナ以降発熱機能が低下している自分は寒いのが極端に弱くなってしまった。
『寒い、寒い、寒いー!』
『正直、出直したい!』『誰かやめましょうとか言わないかな?』
心の声が聞こえる!

いざコースに出陣するとフルバックからビッグドライブ!
うむ、まぁまぁ! ご満悦に、、、優越を感じながらやめておけばいいのにコースを闊歩!

セカンドポジションでは息切れしてクラブを待っている始末。
そんなことをしていたら1日のエネルギーをハーフターン前で使い切り失速!

情けない話、人生初の5パットをこの日に喫してしまうのだ。

太平洋御殿場は最高のおてんば!ツンツン(。°ー°)σ

このコースの素晴らしさはホールレイアウト、グリーンスピードとうねりにあると思います。整備は整い、来場者の誰もがここのメンバーであることを羨み、メンバーは誇りに思うコース!

こういうクラブライフを送りたいといつも思いますね。

なかなか確信の一打を打てない! 風も悪魔のように吹きまくる中でキャディさんを頼りにラウンドが進みます。足がつりドライバーがひん曲がり始めます。

自分がこのコースにお邪魔したのは遥か彼方の20年以上前のこと!
昔はよくお仲間に連れて来られ名門コースを堪能したものです。

ホールロケはいっぺんの記憶もなく、トーナメントの中継をTVで見た数ホールを断片的に逆から思い出すのみ ※中継はグリーン側からも映すでしょう?

そして動画や画像撮りの余裕は全くないまま18番へ
御殿場の名物ホールはやはりここですね!

レイアップした3打目地点はみんながよく使うポジションになっているんでしょうね!
傾斜でボールがほぼここに集結するディボットだらけのここに!(;¬_¬)

葉の入れ方をミスって池にボトン!

2024年はリベンジいたします!

何より悔しいのは体調を整えられなかったこと!コロナなんぞにほんとに感染発症してしまったこと!にあります。

ここは調子を整えて再度リベンジしたいと思います。
スクランブル日本一を達成したチームメイトはここのクラブ選手権の代表選手です。

あれこれ考えていたら友人プロの生徒さんである別の太平洋クラブメンバーの方から御殿場のお誘いが!

来る2024年2月28日(火)リベンジデーがセットされました。
復調スピードを考えると焦りますが、乞うご期待!

体験レッスンで上達への波に乗ろう!

体験レッスンの申込はこちら!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP